4月16日から23日迄昨年12月に続き2度目となるタニンダリー管区政府要人訪日ミッションを実施しました。

当研究所代表岩澤は国務大臣タニンダリー管区首相補佐官として参加、ミッションの総責任者として、ミャンマー政府から一任され、日本政府中枢との交渉を致しました。

当研究所から2名が政府訪問団にスタッフとして随行しました。

訪問団メンバーは国務大臣タニンダリー管区首相、管区財務計画大臣、都市計画大臣、タニンダリー管区ホテル観光協会会長等です。

日本では、内閣府大臣室にて、招聘者の山本幸三地方創生大臣と面談。
自民党本部で、ミャンマー友好議員連盟の国会議員約20名と協議。
首相官邸で内閣総理大臣補佐官、内閣参与等とダゥエーSEZを含むタニンダリー管区開発支援について協議。

その他、北九州市で北九州市長とダウェー市とのグリーンシスターシティ提携について協議。その後、北九州エコタウンを視察。
福岡にて、福岡県副知事地域振興について協議を持った。

また福岡でも前回続き、グリーンフィールド経済政治研究所主催、ミャンマー政府、日本貿易振興機構(JETRO)後援、のダゥエーセミナーを開催し、活発な質疑があり盛り上がりました。

 

山本幸三地方創成大臣訪問

山本地方創成大臣とタニンダリー管区首相

自民党日本ミャンマー友好議員連盟との協議

自民党日本ミャンマー友好議員連盟にて

北九州市との協議・タニンダリー管区首相

北九州市との協議・北九州市長

北九州市との協議には多数のメディアも

エコタウン視察

エコタウン視察

福岡県庁

福岡県副知事と